4種類の施術法

色々な美容外科のサイトや本を読んでみて、知識をえることができました。

 

こんなに調べ物を熱心にしたのは大学の時以来。

 

情報収集してみた結果、目の下のたるみを取り除く施術には、たるみの状態に合わせた4種類あります。

 

○下眼瞼切開(たるんだ皮膚と眼窩脂肪の切除)

・重度のたるみにはあまり効果はない。
・術後の腫れが少ない。

 

○下眼瞼除皺術(たるんだ皮膚と眼窩脂肪の切除・眼輪筋の吊り上げ)

・軽度から重度のたるみに対応。
・術後に多少の腫れや赤みが出る。

 

○ハムラ法(たるんだ皮膚の切除、眼輪筋の吊り上げ、眼窩脂肪の固定)

・軽度から重度のたるみに対応。
・脂肪の膨らみ、深いシワなどを総合的に改善。
・術後に腫れや赤みが出る。
・眼窩脂肪の切除量が少ないので、患部がへこむ心配がない。

 

○経結膜下脱脂法(下まぶたの裏側から脂肪を除去) 

・皮膚を切開しないので傷跡の心配がない。
・腫れが少ない。
・最近の主流の施術法。

4種類それぞれの施術法のメリットやデメリットわかっていただけましたか?

もちろん、医師の技術や経験でも左右されることも多いです。

 

ですから、カウンセリングの時にしっかり話を聞きましょう。

 

その時に、デメリットの話をしないような医師は、はっきり言ってあまり信用しないほうがいいと思います。

 

その他の施術法もあります。

 

かなり軽度のたるみや、目の下の膨らみと下まぶたの間にできた溝のために「たるんだように見える」場合などは、外科的な施術以外の方法もあるそうです。

 

たとえば、患部に特殊なレーザーを当てる、コラーゲンやヒアルロン酸を注入する、この2つを同時に行う、などです。

 

外科てな施術は心理的に抵抗がありますよね。

 

顔に全くダメージを与えたくないと思う人にとっては、医師と相談して、こんな施術法を選択することもできると思います。